1. トップ
  2. データ・資料
  3. パーソルホールディングス、第2回「はたらいて、笑おう。」グローバル調査結果

2022年9月28日

パーソルホールディングス、第2回「はたらいて、笑おう。」グローバル調査結果

パーソルホールディングスは26日、Well-being for Planet Earthと、世界122カ国・地域を対象に実施した、第2回「はたらいて、笑おう。」の実現度を測るグローバル調査の結果を発表した。


調査では「はたらいて、笑おう。」の実現度を測るために、その状態を「はたらくの体験・評価・自己決定」の3要素に分解したものを「はたらくWell-being指標」と定義し、調査を実施した。

質問項目は3つ。Q1. あなたは、日々の仕事に、喜びや楽しみを感じていますか?(はたらくの「体験」)。Q2. 自分の仕事は、人々の生活をより良くすることにつながっていると思いますか?(はたらくの「評価」)。そして、Q3. 自分の仕事や働き方は、多くの選択肢の中から、あなたが選べる状態ですか?(はたらくの「自己決定」。

世界の「はい」回答者割合は、Q1:1.6%低下、Q2:0.2%低下、Q3は前年同一となった。国別では、Q1はエルサルバドル、Q2はラトビア、Q3はフィリピンがそれぞれトップ。中でもフィリピンはQ2でも第3位、また全質問で前年を上回る結果となっている。

日本はQ1-3のいずれでも「はい」と回答した人の割合は低下し、世界ランキングでも順位がダウン。中でもQ2「自分の仕事は、人々の生活をより良くすることにつながっていると思いますか?」(はたらくの「評価」)は、前年比で「はい」の回答割合は-8%と大幅に低下した。

「はたらいて、笑おう。」グローバル調査 概要
目的:「はたらいて、笑おう。」測定指標の策定、調査、研究
対象:約1000名/国×122カ国・地域
期間:2021年6月~2022年3月
方法:国際世論調査Gallup World Pollに「はたらいて、笑おう。」に関する質問を追加

関連URL

結果詳細

パーソルホールディングス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス