1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、AirCourseで「データサイエンス入門」シリーズをリリース

2022年9月30日

KIYOラーニング、AirCourseで「データサイエンス入門」シリーズをリリース

KIYOラーニングは、同社の企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」(エアコース)に、「データサイエンス入門」シリーズを9月29日から順次リリースすると発表した。

同シリーズは、データ活用スキルやマインドセットを基礎から学べる入門シリーズで、データミックス社と共同開発。DXのための分析思考や、機械学習、ビジネス統計学、プログラミングなど、初学者でも体系的に学習できるコンテンツになっている。

AirCourseは、企業向け社員教育eラーニングサービス。社員教育でニーズの高い動画eラーニングコース580コースが受け放題のほか、簡単に自社の研修動画、マニュアル動画などを共有・配信できる。初期費用0円で運用でき、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応。

「データサイエンス入門」全36コース(約9時間)概要

・第1章:DXを推進するための分析思考(9月29日リリース)
・第2章:データ活用する組織変革(9月29日リリース)
・第3章:pythonで始めるプログラミング(10月リリース予定)
・第4章:RプログラミングとSQL(11月リリース予定)
・第5章:機会学習(11月リリース予定)
・第6章:ビジネス統計学(12月リリース予定)
・第7章:事例で学ぶ!職業データサイエンス(2023年リリース予定)

9月29日リリース概要

■第1章:DXを推進するための分析思考(データ活用で基礎となる「分析思考」を身につけるコース)
対象者:DXを推進する企業またはこれからDXに取り組む企業で働く人、社内でデータ活用を推進する人、データを活用する際の分析思考のポイントを理解したい人
主な内容:
①データ活用の必要性と4つのパターン
②データ活用に求められるスキルとマインドセット
③課題設定と分析軸の思考法
④意思決定プロセスとデータ活用の関係
⑤課題と問いを往来する分析思考
⑥データに対する批判的思考

■第2章:データ活用する組織変革(新しい価値を生み出すDX人材育成のポイントを理解するコース)
対象者:DXを推進する企業またはこれからDXに取り組む企業で働く人、社内でデータ活用を推進する人、AIやツールを導入したものの十分活用できていないと感じている人
主な内容:
①データドリブンな組織とは?
②データドリブン組織への変革

関連URL

「AirCourse」詳細

KIYOラーニング

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス