1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 映像授業「ウイングネット」、学習プラットフォーム「Monoxer」を加盟校に提供開始

2022年10月4日

映像授業「ウイングネット」、学習プラットフォーム「Monoxer」を加盟校に提供開始

モノグサは3日、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」が、市進教育グループで動画配信サービスを提供するウイングネットの加盟校向けに提供されることになったと発表した。

今年度は高校生向けコンテンツの一部と中学生向けコンテンツの提供を開始する。高校生向けには先行して英単語や古典単語などの語彙に関するコンテンツと、中学生向けには定期テスト対策でのコンテンツを中心に提供する。また2023年度に向けて、既存の映像授業と連動するコンテンツの順次展開を予定している。

ウイングネットでは自ら計画を立て、授業を受け、その成果を記録し、さらに次の計画を立てる「自ら学ぶ習慣」をより強固なものとできるよう、Monoxerの学習計画機能によって、テストの日から逆算して個別最適化された学習機会を提供する。

関連URL

ウイングネット

モノグサ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス