1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中高大生の7割がSNSきっかけにコンテンツの「視聴経験あり」と回答=「TesTee Lab」調べ=

2022年11月1日

中高大生の7割がSNSきっかけにコンテンツの「視聴経験あり」と回答=「TesTee Lab」調べ=

テスティーは10月31日、同社の「TesTee Lab」が、全国の中・高・大生の男女4226人を対象に実施した、「SNS利用に関する調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、「SNSを利用している」と回答したのは中学生で97.3%、高校生で98.9%、大学生で97.9%という結果になった。全年代で9割以上がSNSを利用しており、最もSNSの利用率が高いのは高校生だということが分かった。


「現在利用しているSNS」を尋ねたところ、全年代で第1位は「LINE」、第2位が「Instagram」と続き、年代でよく利用しているSNSに違いがないことが分かった。

また、他の年代では入っていない「TikTok」が中学生では第3位に入っていることから、中学生はSNSの中でも「TikTok」の利用率が高い傾向にあるようだ。


さらに、SNSの相乗効果を調査するために、各SNS利用者を対象に「SNSで話題になっていたことがきっかけでTVや映画などを見たことはあるか?」と尋ねたところ、「SNSをきっかけにTVや映画を見たことがある」と回答したのは中学生で73.8%、高校生75.0%、大学生69.8%だった。

中高大生の約7割が、SNSをきっかけにしたコンテンツの「視聴経験あり」ということが分かった。

また、SNS利用率が最も高い高校生がこの調査でも最も数値が高く、SNSからの影響をよく受けているということが分かる。

この調査は、全国の学生男女4226人(中学生474人、高校生1493人、大学生322人)を対象に、10月11日〜17日にかけて、ンターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「TesTee Lab」

テスティー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス