1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校・大学生のニュースチェック媒体は「TV」がダントツ =テスティー調べ=

2019年11月28日

高校・大学生のニュースチェック媒体は「TV」がダントツ =テスティー調べ=

テスティーは27日、若年層を対象に調査結果を発信する「TesTee Lab」で、高校生・大学生の男女2320人を対象に実施した「ニュースアプリに関する調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、まず、ニュースの閲覧率を調べた結果、「ニュースを見る/たまに見る」と回答したのは、高校生男女で83.9%、大学生男女で91.1%だった。

「ニュースを見る理由」を尋ねたところ、男女ともに「興味があるから」との回答が最も多く、高校生男女で61.7%、大学生で60.9%。

さらに、「ニュースを見る媒体」を調査したところ、TVの利用率が、高校生男性84.6%、同女性88.6%、大学生男性71.9%、同女性82.0%と、いずれの性年代でもダントツで多かった。

また、男女別に見ると男性よりも女性の方が「SNS」をニュース閲覧時の媒体として活用していることが分かった。

「ニュースアプリ」に関する調査では、まず、同アプリの利用頻度を尋ねたところ、高校生・大学生男性の45.2%、高校生・大学生女性の39.8%が「毎日」と回答。

「ニュースアプリを利用するタイミング」については、男女ともに第1位は「暇なとき」、次いで「通学中」、「就寝前」だった。

さらに「現在利用しているニュースアプリ」について尋ねたところ、大学生男性は「SmartNews(スマートニュース)」の利用率が最も高く52.7%、そのほかの性年代(高校生男性・高校生女性・大学生女性)では、「LINE NEWS(ラインニュース)」が第1位だった。

2位以下のアプリ保有率も高いことから、ニュースアプリ利用者は複数のニュースアプリを併用しているようだ。

この調査は、11月8日〜12日にかけて、全国の高校生・大学生の男女2320人(高校生男性447人、同女性746人、大学生男性466人、同女性661人)を対象に実施した。

関連URL

調査結果の詳細

テスティー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス