1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中高大生、外出自粛期間は「YouTube」「SNS」を利用 =テスティー調べ=

2020年4月9日

中高大生、外出自粛期間は「YouTube」「SNS」を利用 =テスティー調べ=

テスティーは、若年層を対象に調査結果を発信している「TesTee Lab」において、学生男女計1万2865名を対象にコロナウイルスに関する調査を実施し、8日その結果を公表した。

中高生・大学生の男女4401名を対象とした「現状の不安」調査で「現状についてどのように感じているか」を訊ねたところ、「退屈に感じる」「不安に感じる」「不自由に感じる」が上位3つを占めた。「退屈に感じる」では中学生が36.7%、高校生が46.9%、大学生が36.7%となった。一方、「不安に感じる」と回答した人は、中学生で35.4%、高校生で40.6%、大学生で47.0%となり、年齢が上がるほど不安に思う人の割合が多くなった。

また「現在、不安や悩みがあること」を訪ねたところ、中学生・高校生では「衛生用品」と回答した人が最も多く、大学生では「就職」と回答した人が最も多くなった。また、「娯楽」「食事・飲料」と回答した人は、どの年代でも約2割程度となった。

中高生・大学生の男女8464名を対象とした「行動編」調査では、コロナウイルスの影響を受けて利用・視聴が増えた媒体で最も多かったのは「スマホ」となり、中学生で72.2%、高校生で71.5%、大学生で64.1%となった。次いで「TV」も全世代で半数以上の人が増えたと回答した。

利用・視聴が増えた媒体として「スマホ」と答えた人を対象に「利用・視聴が増えたサービスジャンル」を訊ねたところ、中高生では「YouTube」が1位に、大学生では「SNS」が1位となった。また、年齢が下がるにつれて、動画サービスやゲームアプリ、マンガアプリなどの利用率が高くなる傾向が見られた。

さらに、利用が増えているYouTube以外の動画サービスとしては「TikTok」や「AbemaTV」の利用時間が増えていることが判明し、高校生では「Tver」が3位に、大学生では有料サービスの「AmazonPrimeVideo」が2位にランクインした。

関連URL

コロナウイルスの影響に関する調査「現状の不安」

コロナウイルスの影響に関する調査「行動編」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス