1. トップ
  2. データ・資料
  3. 若年層のニュース閲覧率は9割以上、利用媒体は「テレビ」が最多 =テスティー調べ=

2020年12月2日

若年層のニュース閲覧率は9割以上、利用媒体は「テレビ」が最多 =テスティー調べ=

テスティーは1日、同社の若年層調査メディア「TesTee Lab」が高校生・大学生の男女1374人を対象に実施した「ニュースアプリに関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、ニュースを見るかどうかを尋ねたところ、「ニュースを見る(見る/たまに見る選択者)」と回答したのは、高校生93.2%(男性 93.7%、女性 92.7%)、大学生93.1%(男性 93.4%、女性 92.9%)で、ともに9割を超えた。

続いて、ニュースを見る媒体を聞いたところ、高校生男性82.2%、高校生女性83.1%、大学生男性71.1%、大学生女性81.6%が「テレビ」と回答。どの性年代も7〜8割が「テレビ」だった。次に、男性は「ニュースアプリ」、女性は「SNS」と続き、性別で違いがあることが分かった。

ニュースアプリの利用率の調査では、高校生44.3%(男性 49.0%、女性 40.3%)、大学生48.6%(男性 55.9%、女性 43.1%)と、どちらも利用率は4割を超えた。

また、ニュースアプリを利用していない人に今後利用したいかどうかを聞いたところ、「今後利用したい」と回答した人は5割を超えた。

今後、ニュースアプリを利用したい理由は、「クーポンが貰えるから」、「通勤・通学中にも今のニュースを知れることができるから」、「カテゴリーごとに分けられていて、自分が見たいものを直ぐに見つけることが出来るから」などだった。

いつでもスマホでニュースを見られる手軽さや自分の好きな情報だけを選べるという利便さに加え、クーポン配布などのコンテンツも評価している点として意見が挙がった。

続いて、利用したことがあるニュースアプリを聞いたところ、高校生男性の第1位は「スマートニュース」(59.8%)、高校生女性の第1位は「LINE NEWS」(68.4%)で、大学生男性の第1位は「Yahoo!ニュース」(51.3%)、大学生の女性の第1位は「LINE NEWS」(72.5%)となり、男性と女性、また、男性は年代で利用したことがあるニュースアプリが異なることが分かった。

この調査は、高校生・大学生の男女、同社モニター会員の合計1374人(高校生男性222人、高校生女性262人、大学生男性381人、大学生女性509人)を対象に、11月16日〜17日にかけて実施した。

関連URL

ニュースアプリに関する調査」結果の詳細

「TesTee Lab」

テスティー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス