1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 語学アプリ「Duolingo」、誤訳を集めた「おかしな英語 美術館」を開催

2022年12月1日

語学アプリ「Duolingo」、誤訳を集めた「おかしな英語 美術館」を開催

Duolingoは、誤訳を集めて展示する「おかしな英語 美術館」を11月29日から12月7日まで開催する。

語学学習をより身近に感じてほしいという想いからの企画で、日常生活に溢れる、衣服や食品、店の看板などの「おかしな英語」と、本来の英語訳を、美術館に一同に集めた。

クスッと笑える愛すべき誤訳作品の鑑賞を通じて、語学に興味を持ち、楽しく学ぶきっかけを提供したいという。展示作品は全16点。全国にある実際の看板やポップなどを集め、それぞれのレプリカを正しい翻訳とともに展示。来場者にはオリジナルトートバッグやTシャツなどのプレゼントもある。

さらに、Duolingoの公式Twitterに「#おかしな英語美術館」のハッシュタグとともに実在する「おかしな英語」の写真投稿を寄せると、選ばれた数人の投稿が美術館に展示されるキャンペーンを行う。

キャンペーンは、レストランや店舗などの参加も可能で、正しい翻訳を伝え、修正の支援も実施する。

Duolingoは、無料のオンライン学習プラットフォーム。ひとくちサイズのレッスンで、英語、中国語、スペイン語、フランス語など、42言語100種類以上のコースを提供している。

開催概要

開催日時:11月29日(火)~12月7日(水)11:00~19:00
開催会場:UltraSuperNew Gallery[東京都渋谷区神宮前1丁目1−3]
入館料:無料

公式Twitter(詳細)

関連URL

Duolingo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス