1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京国際工科専門職大学、「Locatone」活用した学生制作の音声ARコンテンツ配信

2022年12月20日

東京国際工科専門職大学、「Locatone」活用した学生制作の音声ARコンテンツ配信

日本教育財団は16日、東京国際工科専門職大学が産業界と連携して行う実習授業「臨地実務実習」において、ソニーが開発するSound ARアプリ「Locatone(ロケトーン)」内のデジタルコンテンツを同学の学生が開発・制作したことを発表した。

今回、学生たちは新宿中央公園を舞台に音声ARを活用したデジタルコンテンツの開発・制作に取り組み、制作されたコンテンツはアプリ内の「東京国際工科専門職大学」チャンネルにて配信される。

「臨地実務実習」とは、専門職大学の特長の一つである600時間以上をかけて行われる企業内実習。実践的な実習を重視したカリキュラムにより、高度な知識と技能を備えた職業人材の育成を実現する。東京国際工科専門職大学では、学生全員が2年次から4年次にかけてトータル16週間以上、約4カ月に渡って「臨地実務実習」を行う。

「Locatone」は、ソニーが開発したSound AR(現実世界に仮想世界の音が混ざり合う新感覚の「響体験」)を楽しむためのアプリ。ツアーを開始し、マップ上にある特定のスポットを訪れると、位置情報に連動して自動的に音声や音楽が聞こえてくる。音を聴きながら街をめぐることで、街の新しい魅力や楽しみ方を発見することができる。

関連URL

「Locatone」

東京国際工科専門職大学

日本教育財団

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス