1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.346 大阪府池田市立北豊島中学校 大坪真哉 校長(後編)を公開

2022年12月28日

iTeachers TV Vol.346 大阪府池田市立北豊島中学校 大坪真哉 校長(後編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは28日、iTeachers TV Vol.345 大阪府池田市立北豊島中学校 大坪真哉 校長による「学校の構造を変えることで「教育」って何なのかが見えてきた 〜公立中学校 GIGAスクールの今〜(後編)」を公開した。

学校の構造を変えた年とコロナ感染症のパンデミックが重なり、同時にGIGAスクールもやってきた。苦難の道だが迷いはなかったという。「学校の主役は生徒」。ICT委員会を立ち上げ、タブレットの使用ルールなど生徒が決めた。「ロイロノート」「キュビナ」など新たな道具も次々と学校に入ってきた。同校はICT関係で言えばそんなに進んだ学校ではない。ただ、GIGAスクール構想の主役が生徒であることは理解している。100年先を見ながら教育活動をすべきである事もわかってきた。「チョーク&トーク型授業」は「普通の学校」の代表例。「普通の学校」の主役は「先生」。だから「普通の学校」から脱出しなければならない。そのためにも GIGAスクール構想をどんどん進める必要がある。AIが出来ることはAIにまかせる。オンラインも頻繁に。「自律」「自由」「探究」「個別最適」「当事者意識」「PBL」そんなことをキーワードに今、学校は進んでいる。

大坪校長は、大阪体育大学卒業後、教員の道を歩む。就任当初は全国的に学校は大荒れ。あたりまえは通用しない、自分で考え行動するしかないことを実感する。生徒一人ひとりと話す中、社会の縮図が学校にある事を知る。学校現場にいながら様々な人たちとの出会いの中、「学校の意味」を問い続けてきた。その結果、校長として「学校の構造」を変えることとなる。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、千葉県立市川工業高等学校の片岡伸一 先生による「簡単1人1台端末活用 Apple Keynote Live」。

片岡先生は、少年時代からPC6001やX1に触れ、PC98、DOS/Vを経て、大学の技術支援担当時よりHP200LX、Palm、Windows CE等の携帯端末の教育環境への導入を模索。iPadを発売日の翌週から授業に導入し、現在では、iPadとCloud環境を効果的に活用する校内システムを研究。専門は経営工学。AFP(日本FP協会認定)。

iT-Lv2

□ 学校の構造を変えることで「教育」って何なのかが見えてきた 〜公立中学校 GIGAスクールの今〜(後編)

□ 学校の構造を変えることで「教育」って何なのかが見えてきた 〜公立中学校 GIGAスクールの今〜(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス