1. トップ
  2. データ・資料
  3. 日本人の語学習得を阻む要因は「学ぶ目的がない」「学びが継続しない」 =エー・トゥー・ゼット調べ=

2023年1月13日

日本人の語学習得を阻む要因は「学ぶ目的がない」「学びが継続しない」 =エー・トゥー・ゼット調べ=

エー・トゥー・ゼットは11日、日本で暮らす同社所属のALT(Assistant Language Teacher)や外国人語学講師向けにアンケート調査を行った結果を発表した。

同調査では日本人が外国語を学ぶ上での強みや阻む要因、また語学を教える上で重要なスキルなどを調査。その結果から日本人の語学習得には「学ぶ目的の設定」「学びの継続」の課題がネックになっていること、そして外国語を教える講師には生徒と信頼関係を築くためのコミュニケーション力が重要であることがわかった。

日本人の外国語習得の特徴については、語学を学ぶ上で優れている点は、約半数が「真面目さ」と回答。不足点として「積極性」と「音感」があげられた。

また、日本人が語学を学ぶ上での障壁は「学ぶ目的がない」と「学びが継続しない」があり、学び始めても継続できる環境が少ないことが指摘されている。

日本で語学講師として働く理由については、日本を選んだ理由のTOPは「文化・歴史が好きだから」。中でも長野県を選んだ理由は、TOPは「自然など土地が好きだから」で、日本で講師として働くうえで期待していることは「安心・安定の生活基盤ができる」だった。

外国語を教える教師としては、外国語を教える上で、語学以外に必要なスキルTOPは「コミュニケーション力」が、日本人の英語の講師、教師に期待することTOPは「親しみやすいコミュニケーション」があげられた。

調査は2022年8月10日から9月10日に同社の所属ALT(Assistant Language Teacher)、外国人語学講師など62名(約6割が30代、7割以上が日本で暮らしてから3年以上)を対象に行われた。

関連URL

エー・トゥー・ゼット 

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス