1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 宇部高専、学生がルワンダ共和国でアプリの実証実験に取り組み

2023年3月8日

宇部高専、学生がルワンダ共和国でアプリの実証実験に取り組み

宇部工業高等専門学校は6日、内田昊希さん(物質工学科2年)、赤崎百星さん(経営情報学科2年)、末次叶英さん(物質工学科1年)が、「Kosen Open Innovation challenge powered by JICA 2022」に参加し、ルワンダの栄養改善を目指して、アプリの実証に取り組んだことを発表した。

「Kosen Open Innovation challenge powered by JICA 2022」は、高専とJICAが連携して、世界の課題解決を目指す取り組み。各高専の学生が、与えられたテーマに対する課題解決のためのアイデアを練り上げ提案。入賞したチームには、プロトタイプ(試作品)を製作し、それを現地で実証する機会が与えられる。なお、同事業は「第 5 回日本オープンイノベーション大賞内閣総理大臣賞」を受賞している。

同校の学生チームは、「Kosen Open Innovation challenge powered by JICA 2022」において、今年度のテーマの1つであった「スマホアプリで収集するデータを活用した子どもの栄養・健康を改善するアイデア求む」に応募し、見事入賞。ルワンダ共和国で実証実験に取り組む機会を得た。実証実験の決定後には、中尾真尋さん(制御情報工学科4年)もチームに加わり、約3カ月間にわたり具体的なアプリ制作に取り組んだという。

現地で使えるものにするためには、現地の人の意見も重要なことから、製作過程では、1カ月に1~2回のペースで現地の協力企業であるNuMutware社の人とオンライン会議を設け、現地の人と意見交換しながら開発をすすめたという。

1月4~11日には、内田さん、赤崎さん、末次さんが実証のためにルワンダ共和国に渡航。まずは現地の協力企業であるNuMutware社の人やその関係者にアプリを見せ、使い方等を説明した。また、現地で実際に食べられている物を確認するため、ローカルマーケットを視察した。

他にも、トゥンバ高等技術専門学校の教員にもアプリを試用してもらい意見収集を行った。集まった意見は、日本で待機していた中尾さんと連携し、滞在期間中もアプリの改良を重ねたという。

最終日にはJICAルワンダ事務所を訪れ、アプリの説明や今回の渡航で得られた成果等を報告した。

2月9日には、「Kosen Open Innovation challenge powered by JICA」の最終報告会に参加し、得られた成果についてJICAに報告した。今回、現地の人とやり取りしながらものづくりをできたことは、将来ものづくりをする技術者を目指す学生にとって、貴重な経験になったという。

現在、現地で得られた意見を反映してより良いアプリに仕上げるべく、引き続きアプリ製作に取り組んでいる。実際に現地の人に使ってもらい、目的であるルワンダの栄養改善に貢献できるように、関係者と力を合わせて取り組んでいく予定だという。

関連URL

宇部工業高等専門学校

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス