1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京2020組織委員会、観戦体験を拡張するアプリケーションの開発コンテスト

2019年9月6日

東京2020組織委員会、観戦体験を拡張するアプリケーションの開発コンテスト

東京2020組織委員会は、アーバンスポーツの観戦体験を“より分かりやすく、より楽しく、より面白く”拡張するアプリケーションの開発コンテスト「TOKYO 2020 Open Innovation Challenge」を開催する。

国際オリンピック委員会(IOC)の協力のもと、東京2020組織委員会と、ワールドワイドクラウドサービスパートナーのAlibaba Cloud、ワールドワイドパートナーのインテルコーポレーションの共催で、世界中の人とともにイノベーションの創出を目指すとしている。

同コンテストで対象としているアーバンスポーツとは、東京2020大会で実施される、3×3バスケットボール、 BMXフリースタイル、スケートボード、スポーツクライミング。

コンテスト概要

■実施時期
応募期間:9月4日(水)~10月13日(日)
一次審査:10月14日(月・祝)~11月1日(金)
一次審査結果通知:11月2日(土)
トレーニングプログラム実施:11月9日(土)
最終審査:2月22日(土)

■提供する開発環境やツール
・1次審査通過者(およびグループ)には、Alibaba Cloud 開発環境、インテルのAI製品、スポーツデータを提供。
・東京都内で講義形式でのトレーニングプログラム(日本語)を予定。英語によるトレーニングが必要な人に向けては、英語のドキュメントのみを提供。

■賞
金賞、銀賞、銅賞、2020 特別賞の計 4 賞
*東京2020大会期間中に会場周辺で発表の場を設けることも検討中。

■応募に関する出品料
無料
*プロトタイプ開発にかかわる諸経費、参加にあたっての交通費等は自己負担。
*最終審査へ物理的な参加が困難な人のために、オンラインコミュニケーションツールを使用する等遠隔で参加可能な方法を検討中。

詳細・応募

関連URL

TOKYO 2020 Open Innovation Challenge

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス