1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京2020組織委員会、観戦体験を拡張するアプリケーションの開発コンテスト

2019年9月6日

東京2020組織委員会、観戦体験を拡張するアプリケーションの開発コンテスト

東京2020組織委員会は、アーバンスポーツの観戦体験を“より分かりやすく、より楽しく、より面白く”拡張するアプリケーションの開発コンテスト「TOKYO 2020 Open Innovation Challenge」を開催する。

国際オリンピック委員会(IOC)の協力のもと、東京2020組織委員会と、ワールドワイドクラウドサービスパートナーのAlibaba Cloud、ワールドワイドパートナーのインテルコーポレーションの共催で、世界中の人とともにイノベーションの創出を目指すとしている。

同コンテストで対象としているアーバンスポーツとは、東京2020大会で実施される、3×3バスケットボール、 BMXフリースタイル、スケートボード、スポーツクライミング。

コンテスト概要

■実施時期
応募期間:9月4日(水)~10月13日(日)
一次審査:10月14日(月・祝)~11月1日(金)
一次審査結果通知:11月2日(土)
トレーニングプログラム実施:11月9日(土)
最終審査:2月22日(土)

■提供する開発環境やツール
・1次審査通過者(およびグループ)には、Alibaba Cloud 開発環境、インテルのAI製品、スポーツデータを提供。
・東京都内で講義形式でのトレーニングプログラム(日本語)を予定。英語によるトレーニングが必要な人に向けては、英語のドキュメントのみを提供。

■賞
金賞、銀賞、銅賞、2020 特別賞の計 4 賞
*東京2020大会期間中に会場周辺で発表の場を設けることも検討中。

■応募に関する出品料
無料
*プロトタイプ開発にかかわる諸経費、参加にあたっての交通費等は自己負担。
*最終審査へ物理的な参加が困難な人のために、オンラインコミュニケーションツールを使用する等遠隔で参加可能な方法を検討中。

詳細・応募

関連URL

TOKYO 2020 Open Innovation Challenge

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス