1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DMM、「IoTプロトタイプのビジネス化サポート」の応募チームを募集

2017年3月10日

DMM、「IoTプロトタイプのビジネス化サポート」の応募チームを募集

DMM.comでは、ハードウェア・スタートアップを志す全ての人々の拠点となるモノづくり施設「DMM.make AKIBA」で、IoTプロトタイプのビジネス化に向けたブラッシュアップをサポートするプログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 2」の応募チームを募集している。応募期間は3月6日~3月31日。

0310-dmm

新たな産業分野としてInternet of Things(IoT)が注目されている。「DMM.make AKIBA Open Challenge」は、DMM.make AKIBAを含む、IoTに関する技術やビジネスに精通した企業が、ビジネス化を目指したIoTプロトタイプのブラッシュアップを3カ月間サポートするプログラム。

「DMM.make AKIBA Open Challenge」がサポートの対象とするのは、ビジネス化や起業を視野に入れた、趣味にとどまらないIoTプロダクトの開発を行うエンジニアやチーム。プレゼンテーションやディスカッションを通じて、プログラムの採択チームを決定する。

プログラムのサポート企業は、応募チームを審査し、選考を通過した採択チームを参3カ月間サポート。現在決定しているサポート企業はニフティ、オリックス、and factoryほか多数が参加している。

採択チームは、それらサポート企業から、各社の特色を活かした技術面ビジネス面でのサポートを受けることができるほか、採択期間である3カ月間はDMM.make AKIBAの利用費用の一部が免除される。

プログラムの採択期間である3カ月間、採択チームは現状のプロトタイプを、企業や投資家などに対するプレゼンテーションやクラウドファンディングへの出品など、ビジネス化に向けての次の段階へレベルアップするための開発を行う。

昨年の第1回の実績は、26チームが応募しうち10チームを採択した。採択チームは今後のビジネス化に向けてプロトタイプ開発は進めており、成果物はDMM.make AKIBAで6月に開催予定の展示会で発表する。

関連URL

「DMM.make AKIBA Open Challenge」

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス