1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 第64回国際数学オリンピック 日本代表が決定

2023年4月5日

第64回国際数学オリンピック 日本代表が決定

数学オリンピック財団は3日、第64回国際数学オリンピック 日本代表を決定した。

日本代表選手は、同財団が実施する日本数学オリンピック(JMO)と日本ジュニア数学オリンピック(JJMO)の成績優秀者の中から選出。1月に実施した予選(応募者7674名)を通過し、本選に進んだ273名の成績上位者22名から、3月19日~23日の代表選考合宿での成績をもとに選ばれた。

第64回国際数学オリンピック日本大会(IMO2023)は、7月2日(日)から13日(木)まで、千葉市幕張で開催。日本開催は2003年以来、20年ぶり。世界約100の国と地域からおよそ600名の優秀な高校生らが一堂に集まり、数学の実力を競い合うほか、様々なエクスカーションを通して生徒同士が国際的な交流を深める、各国の指導者、引率者などを含め、総勢1000人を越える数学者らが集う最大級の国際科学オリンピックだという。

なお、日本代表に選ばれた6名は、5月5日~7日の強化合宿をはじめとして大会までの期間、自主研修を継続しながら数学オリンピックの OB・OGや関係者による特別指導を受け、研鑽を積んでいくという。

日本代表選手

古屋 楽さん 筑波大学附属駒場高等学校 3年
林 康生さん 海城高等学校 3年
狩野 慧志さん 長野県松本深志高等学校 1年
北村 隆之介さん 東京都立武蔵高等学校 3年
小出 慶介さん 灘高等学校 3年
若杉 直音さん 帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 1年

関連URL

第64回 国際数学オリンピック日本大会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス