1. トップ
  2. データ・資料
  3. Z世代社会人のビジネス英語学習は約9割が「コスパよりタイパ」と回答=ビズメイツ調べ=

2023年5月10日

Z世代社会人のビジネス英語学習は約9割が「コスパよりタイパ」と回答=ビズメイツ調べ=

ビジネス特化型オンライン英会話「Bizmates」を展開するビズメイツは9日、Z世代の英語学習に関する実態調査の結果を公表した。

調査は、社会人になって半年以上ビジネス英語の学習を行い、かつ、現在業務で英語を使っているZ世代(22歳~25歳)会社員111名を対象に4月12日・13日に行われた。


ビジネス英語を学習した目的を複数回答で訊ねたところ、「業務で必要だったため」68.5%、「将来、海外で働きたいため」47.7%、「昇進や昇格などのキャリアアップのため」45.9%と続いた。


英語の学習方法は「英語学習アプリ」が62.2%と最も多く、「オンライン英会話」42.3%、「YouTube」39.6%と続いた。


「オンライン英会話」と回答した人にその理由を訊いたところ、「受講時間の幅が広いため」「通学型よりも料金が安いため」「マンツーマンで学習できるため」などの回答が多かった。


ビジネス英語を習得するにあたり「タイムパフォーマンス」と「コストパフォーマンス」のどちらを重視したかとの質問には、約7割が「コスパ」よりも「タイパ」を重視したと答えた。


タイパ重視派の1日の平均英語学習時間は「15分程度」が30.7%、「1時間程度」が26.7%という回答となった。


また、タイパがいいと思う英語学習法を訊ねたところ、「アウトプットの機会を増やす」が66.7%で最多となった。


一方、コスパ重視派の英語学習費用は、1カ月に「1万円~1万5000円未満」が37.9%で最も多かった。


また、コスパがいいと思う英語学習法は「SNSやYouTubeを利用した学習」が69.0%で最多となった。


また、全体の約9割が「日常英会話ではなくビジネス英語から学ぶことは、タイパが良いキャリアアップ方法だと思う」と回答した。

関連URL

ビズメイツ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス