1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. NASEF JAPAN、Minecraftを活用したコンテスト「Farmcraft 2023」紹介ページ公開

2023年5月30日

NASEF JAPAN、Minecraftを活用したコンテスト「Farmcraft 2023」紹介ページ公開

北米教育eスポーツ連盟日本本部(NASEF JAPAN)は、「Farmcraft 2023特設ページ」を5月26日に公開した。

「Farmcraft 2023」のテーマは「食料取引と食料安全保障」。3月17日からレギュラーシーズンがスタートし、世界59カ国/約8500名、日本からは10団体/約150名が参加。8歳から13歳が対象のジュニア部門、18歳までが対象のシニア部門、8歳以上の全年齢を対象としたオールエイジズウィナーズ部門の3部門で、戦いが繰り広げられた。

4月28日に、オンラインで結果発表。水戸啓明高等学校(茨城県)がシニア部門で世界3位を獲得した。同校は、昨年のNASEF Farmcraftいばらきコンテストで、最優秀賞と審査員特別賞をダブル受賞している。

「Farmcraft」は、NASEFUSと、米国国務省が中心となり、マイクロソフト社の「Minecraft Education Edition」をベースにしたチャレンジカップ。農業をテーマに、Minecraft上で科学と技術を理解、国際舞台で競争することで学びを深める。

プレイヤーは農家となり、消費者が求める作物、食べる人や地域の特性、どのような運搬方法が適切か、などの総合スコアを競い合い、食品貿易と食品安全保障を体験することで正しい理解へと繋げる。さらに、どのように課題解決を行なったかなどを英語でプレゼンテーションし、提出用の動画制作も行う。

公開した「Farmcraft 2023特設ページ」ではエントリー校が提出した作品動画の一部も公開している。

関連URL

「Farmcraft 2023」特設ページ

NASEF JAPAN

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス