1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2023 in Mitaka」作品募集を開始

2023年7月19日

「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2023 in Mitaka」作品募集を開始

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会は14日、「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2023 in Mitaka」第13回大会の開催を発表した。

同コンテストは、子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かしたときの感動や作った作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢を育むことを目的としている。

作品の募集期間は7月15日(土)~10月1日(日)まで。テーマは自由(教科の勉強が楽しくなるもの、あると便利なもの、社会的課題解決に役立つもの、ゲームプログラムなど)。Rubyの特性を生かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さや工夫が感じられるような作品を募集する。

コンテスト概要

募集期間:7月15日(土)~10月1日(日)
募集区分:
①ゲーム部門
②Webアプリ・IoT部門(Webアプリケーション、各種ツール、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品)
対象者:生年月日が2005年4月2日以降。個人またはグループで応募可能
審査方法:
①一次審査(2023年11月上旬予定)でRubyエンジニアによるソースコードレビュー等による審査
②最終審査会(2023年12月9日(土)午後)で応募者のプレゼンテーションによる審査をそれぞれ行う。審査委員長はRubyの生みの親である、まつもとゆきひろ氏(一般財団法人Rubyアソシエーション理事長)
最終審査会:
①日時:12月9日(土)
②会場:三鷹産業プラザ
③その他:後日、オンラインで公開予定
表彰・副賞:
■表彰
各部門に最優秀賞1組、優秀賞1組、その他部門賞、スポンサー賞、奨励賞(該当作品がない場合もあり)
■副賞
<最優秀賞>ノートPC端末
<優秀賞>タブレット端末、各部門賞2組程度にデジタル製品、応募者全員にオリジナル図書カード1000円分とコンテストオリジナルノベルティを贈呈
その他:
コンテストへの応募を目指す人向けに、協賛企業による有料サービス(学習サイト、開発環境)の無償提供あり

関連URL

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス