1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学、文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラムプラス」に選定

2023年9月22日

武蔵野大学、文科省「数理・データサイエンス・AI教育プログラムプラス」に選定

武蔵野大学は21日、同学データサイエンス学部の「データサイエンス・AI人材教育プログラム」が、文部科学省の2023年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」に認定されたと発表した。

具体的には、8月25日付で、同認定プログラムの「応用基礎レベル」に認定されたほか、「応用基礎レベルプラス」にも選定された。

「応用基礎レベルプラス」の選定については、多数の企業との連携によるインターンシップの実施、学生と企業担当者とのディスカッションなど、独自の工夫と特色を備えた教育プログラムが実践力を育成する取り組みとして高く評価された。

今回、「応用基礎レベルプラス」に選定された同大の同教育プログラムは、データサイエンスや人工知能(AI)技術などへの関心を高め、それらを扱うための事前知識・スキルを習得するのが目的のプログラム。

特長の1つである「未来創造プロジェクト」は、1年次の後半から始まるゼミ形式の研究活動で、学生は実社会の課題解決に必要なデータサイエンスとAIのスキルと知識を実践的に学び、連携企業との成果発表会で実社会からのフィードバックを受けながら各自の価値創造を確認する。

さらに、同教育プログラムではすべての科目にグループワークを導入して、学生が能動的な協調学修を行う。また、学会への積極的な発表や海外大学との連携活動、連携協定企業でのインターンシップも早期から実施。

これらの取り組みを通じて、3・4年次からのエキスパートレベルの学修を深化させ、実践的なデータサイエンス応用、プレゼンテーション能力、チーム協力、グローバルリーダーシップ能力を発展させ、実践力を備えたデータサイエンティストを輩出している。

同認定プログラムは、内閣府・文科省・経産省の3府省が連携して、各大学・高専での数理・データサイエンス・AI教育の取り組みを奨励するための認定制度で、認定(既認定含む)された教育プログラムの中から、先導的で独自の工夫・特色があるものを「認定教育プログラム(リテラシーレベル/応用基礎レベル)プラス」として選定。

今年度までに「応用基礎レベル」に認定された138件(大学単位54件、学部・学科単位84件)の内、今回7件が「応用基礎レベルプラス」として選定されたが、過去の選定も含め、学部・学科単位での応用基礎レベルプラスへの選定は、私立大学としては今回が初。

また、同大は2021年に、「副専攻AI活用エキスパートコース」の入門科目「データサイエンス・AI入門」が同制度のリテラシーレベルとしても認定されており、文系・理系問わず全学生がデータサイエンス・AIについて学修している。

関連URL

文部科学省「認定・選定結果」

武蔵野大学データサイエンス学部

武蔵野大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス