1. トップ
  2. データ・資料
  3. KG情報、「2023年最新 子育て世帯の教育費と娯楽費を大調査」結果を公開

2023年11月6日

KG情報、「2023年最新 子育て世帯の教育費と娯楽費を大調査」結果を公開

KG情報が運営する子育て情報メディア「ママソレ」は2日、小中高校生別の保護者を対象に教育費、娯楽費に関するアンケート調査を実施した結果を公表した。


調査は9月20日~25日に行われ389名から回答を得た。それによると、ひと月あたりの教材や学用品の費用は、小学生のいる家庭では5000円以上1万円以下が最も多く38.0%となった。5000円未満の家庭は26.7%となっている。


中学生のいる家庭では、5000円以上1万円以下が25.2%となり、小学生の費用1万円以下の約65%に比べて2割ほど少ない結果となっている。


高校生のいる家庭では、1万円以下の割合はさらに減少して約3割となり、約7割の家庭で月々1万円以上かかっていることが分かった。


ひと月あたりの塾や予備校の費用は、小学生の場合、中学受験をする家庭では、塾代が2万円以上の家庭が過半数という結果になった。


一方、中学受験をしない家庭では、5000円未満と1万円以下の家庭が各12.7%と最も多く、半数以上が塾に通っていないことが分かった。

中学生のいる家庭では、塾や予備校に通っていない家庭が23.5%と最も多く、次に2万円以上が20.2%となっていた。


高校生のいる家庭では、2万円以上の家庭が過半数を占めた一方で、3割近くが塾や予備校に通っていないことも分かった。


子どもの大学進学のためにひと月あたりいくら貯金しているかを調べたところ、小学生のいる家庭では1万円以上1万5000円以下の割合が最も多く24.5%となったが、まったく貯めていないという家庭も21.0%に上った。



中学生のいる家庭でも、同じく1万円以上1万5000円以下の割合が最も多く23.5%となっており、高校生のいる家庭でも24.5%と最も多くなった。

その他、ママソレの記事では、小中高生別のひと月の娯楽費や子どもの人数別の費用、各家庭の節約ポイントなどを紹介している。

調査の詳細

関連URL

KG情報

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス