1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JCOM、総務省の「ICT活用リテラシー向上プロジェクト」に参画

2024年2月7日

JCOM、総務省の「ICT活用リテラシー向上プロジェクト」に参画

JCOMは、2月6日の「セーファーインターネットデー」に合わせて、総務省の「ネット&SNS よりよくつかって 未来をつくろう~ICT活用リテラシー向上プロジェクト~」に参画し、同社で制作するICTリテラシー啓蒙教材を同省の「リテラシーコンテンツ紹介サイト」で公開した。


同時に、「1分でわかる! J:COMスマホ教室TV版」の最新動画と、過去11作の動画をテキスト化した学習教材を、2月6日から順次、同社のサイトなどで公開していく。

「J:COMスマホ教室TV版」は、スマホの便利な設定・ワザを習得できる1分間番組で、YouTubeで配信。同社サービスの利用者からの問い合わせが多い内容を中心に、シニア世代やデジタル機器が不得意な人も、スキマ時間で身に付けられる内容。

また、親子で取り組めるチェック式のネットリテラシー教材の提供や、正しい知識・情報を発信するブログ「スマホのトラブル防止コラム~ZAQあんしんネット教室~」も掲載。

「ZAQあんしんネット教室」は、小・中・高校生と教員・保護者を対象に、子どもの頃から身近にあるインターネットやSNSとの安全な付き合い方、セキュリティの大切さなどのゲームや事例を交えて伝える教室で、学校に訪問する出張形式のほか、コロナ禍以降はオンライン授業も実施。

また、シニア世代がスマホやタブレットに親しみ、行政手続きのオンライン化によるメリットが享受できるよう、同社の地域拠点や行政施設などで「シニア向けスマホ・タブレット教室」も開催。

地域社会のICTリテラシー向上をめざした「ZAQあんしんネット教室」や「スマホ・タブレット教室」は、2007年の開始以来、子どもたちからシニア世代まで延べ16.5万人(2024年1月末時点)が受講。

「セーファーインターネットデー」は、2004年にEUで始まり、現在は世界100カ国以上で開催されている取り組み。毎年2月に「Together for a better internet」をスローガンに、インターネットの安全な利用環境の実現に向けて、世界中のステークホルダーによる啓発活動が実施されている。

「1分でわかる!J:COMスマホ教室TV版」

「ZAQあんしんネット教室」

関連URL

総務省「ICT活用リテラシー向上プロジェクト」

JCOM

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス