1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シャープと広島県福山市、IoTを活用した地域社会の課題解決で連携

2018年5月10日

シャープと広島県福山市、IoTを活用した地域社会の課題解決で連携

シャープは9日、広島県福山市と経済および地域社会の発展に関する連携協定書を締結した。

今後は協定に基づき、福山市が新たに推進する「(仮称) 先端技術によるまちづくり官民協議会」に参画し、福山市や地元企業、大学などと連携し、最先端の技術を使って、見守り・子育て支援や防災など、地域社会が抱える課題の解決や地域の活性化に向けた新たなサービスの創出に取り組んでいく。

シャープは、昨年5月に発表した中期経営計画の基本戦略として、「8Kエコシステム」と「人に寄り添うIoT」を掲げている。8KやIoT技術を支えるカメラやセンサーなどのデバイスは、福山市に拠点を置く電子デバイス事業本部が開発しており、同社は、独自の最先端技術を活用し、地域に密着した産学官連携による取り組みを通じて、イノベーションの創出に貢献していくとしている。

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス