1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シャープと広島県福山市、IoTを活用した地域社会の課題解決で連携

2018年5月10日

シャープと広島県福山市、IoTを活用した地域社会の課題解決で連携

シャープは9日、広島県福山市と経済および地域社会の発展に関する連携協定書を締結した。

今後は協定に基づき、福山市が新たに推進する「(仮称) 先端技術によるまちづくり官民協議会」に参画し、福山市や地元企業、大学などと連携し、最先端の技術を使って、見守り・子育て支援や防災など、地域社会が抱える課題の解決や地域の活性化に向けた新たなサービスの創出に取り組んでいく。

シャープは、昨年5月に発表した中期経営計画の基本戦略として、「8Kエコシステム」と「人に寄り添うIoT」を掲げている。8KやIoT技術を支えるカメラやセンサーなどのデバイスは、福山市に拠点を置く電子デバイス事業本部が開発しており、同社は、独自の最先端技術を活用し、地域に密着した産学官連携による取り組みを通じて、イノベーションの創出に貢献していくとしている。

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録