1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル・ナレッジ、「KnowledgeDeliverSkill+」が国際標準規格「オープンバッジ2.0」に関する3つの認定を取得

2024年2月9日

デジタル・ナレッジ、「KnowledgeDeliverSkill+」が国際標準規格「オープンバッジ2.0」に関する3つの認定を取得

デジタル・ナレッジは、同社のスキルマネジメントサービス「KnowledgeDeliverSkill+」が1EdTech Consortiumから1月19日にオープンバッジ2.0に関する認定を取得したと明らかにした。

オープンバッジ2.0は、1EdTechが規定する国際技術標準規格に沿って発行されるデジタル証明書。このたびKnowledgeDeliverSkill+は、オープンバッジの発行者(Issuer)、表示者(Displayer)、保管(Host)において認定を受けた。

KnowledgeDeliverSkill+は、オープンバッジを活用して従業員のスキルを管理するクラウドサービス。従来の学習管理システムが主に知識ベースのデータに焦点を当てていたのとは異なり、実践的なスキルに関するデータを含めて管理できる機能を拡張しており、「何を知っているか」と「何ができるか」を区別してスキルを可視化することができる。今回の認定を受けたことにより、より高い品質と信頼性に加え、国際技術標準に準拠したオープンスタンダードなサービスであることが認められた。

関連URL

「KnowledgeDeliverSkill+」

デジタル・ナレッジ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス