1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 他校の取り組みが分かる!常葉大学附属橘高等学校のICTを活用した授業実践事例を紹介

2024年3月4日

他校の取り組みが分かる!常葉大学附属橘高等学校のICTを活用した授業実践事例を紹介

【PR】
地域PRのためのデザインを考える芸術探究の授業
授業支援機能で意見を出し合って制作し、地場百貨店で成果物を展示


常葉大学附属橘高等学校〈静岡県〉 鈴木淳也 先生 教科:美術 指導学年:全学年

校訓

より高きを目指して ~Learning for Life~

サブタイトルに含まれる「ライフ」は、人生や生活の他に「幸せ」という意味ももたせています。

勉強を含め多岐にわたる学びを続けることは、生徒にとって幸せに繋がっていく。そのために、より高きを目指して学び続けてほしい、という想いを込めた校訓です。

学校の教育目的

「学力を伸ばす」「人間性を高める」

日々、職員が同じベクトルを持ちながら「伸ばす教育」を実践すべく教育活動を行っています。

ICT教育の課題・テーマ

ICTツールを活用し、生徒自らが答えを見つけ出していく

グローバル化が急速に進む先の見えづらい社会、そして世の中の価値観も非常に不透明な中、生徒たちが自らICTツールを使いながら「何が正解なのか」自分で答えを見つけ出していくことを意識的に、そして継続的に行っていくことが必要だと考えています。ICTツールが宝の持ち腐れにならないよう、どのような場面・ポイントで使っていくかを我々教員がしっかり把握しながら教育活動を行うよう心がけています。

端末整備状況

令和3年度の新入生から段階的にBYOD形式でiPadの導入を進めており、令和5年4月には、中学1年生から高校3年生まで全学年がiPadを持つ状態になります。

ClassPad.net導入に至った経緯と理由

常葉大学附属橘高等学校 関本和彦 校長先生

一番は辞書機能の充実、そして教員がフル活用できる多彩な機能がオールインワンであること

本校は学校改革部・教育開発部を中心にICT教育の推進を行っており、様々なICT教育システム・ツールを検討するなかで、ClassPad.netの良さを知りました。現場の担当教員の意見も取り入れながら導入検討を進める中で、特に辞書機能が充実している点が注目を集めました。また、本校では全教員がフル活用できることを目指しており、意見集約や課題の配信、提出作業などを総合的に効率良く行えることを評価し、ClassPad.netの導入を決定しました。


地域の問題解決に向けての提案や活動を産学と連携して行うことを目的にした芸術探究課題です。問題解決までの過程において芸術的側面の視点でリサーチを行うことでアプローチ方法や改善策を錬る力を養うことと、提案の際にデザインやアート表現において成果物の発表という表現手段を学ぶことも含まれています。

常葉大学経営学部マーケティングゼミとのコラボレーションにより地場百貨店での展示会が実現し、生徒たちの制作物とプレゼンテーション資料を来店者に見ていただける機会を設けることができました。

課題内容

【探究課題】
地域のPRにつながる
アイデア創出やデザインの制作

地域発見「マスポットプロジェクト」

【制作物】
①地域のテーマ性を考慮した
「マスポットキャラクター」のデザイン

②地域の魅力的なタウンマップ作成

一般的な地図にはない、「行ってみたい」と思えるようなワクワクするマップを考える。


③地域のPRポスターのデザイン

マスポットキャラクターとタウンマップ情報を載せた地域発見PRポスターや立体POPなどの販促物を制作。

レイアウトやフォントの配置・構成、色彩を効果的に用いて魅力的になるよう創意工夫する。

授業の流れとClassPad.netの活用方法

STEP1
探究課題のポイントを解説。課題で使用するデザインワークシートや立体POPの展開図データをClassPad.netで配布。

STEP2
キャラクターの原案やマップの中で活用するためのモーション案、マップデザインを生徒一人一人が作成。



STEP3

作成したキャラクターやマップデザインの途中経過〜修正案をClassPad.netの授業支援機能で提出。

STEP4
ClassPad.netのふせんで提出された制作物の途中経過を添削。悩みや疑問点があればふせん内に記載するよう促すことで、一方的な評価ではないコミュニケーションを行う。

 

 

STEP5
ClassPad.netの提出画面を全生徒が見られるようにしておき、グループによる討論会を実施。生徒それぞれが抱える問題点やその解決策について、グループで意見やアドバイスを伝え合い学びを深める。


STEP6
松坂屋静岡店での成果物展示。

鈴木淳也 先生

Teacher’s Voice

客観的な地図情報を地域に特化した情報に変更していく過程は簡単ではありません。しかし答えが明確にない問いだからこそ、制作過程で何を大切にしたか見えるようにすることが大切だと考えます。生徒が伝えてくれる悩みや葛藤を含めて読み取れるClassPad.netのメモ機能は、積み重なることで、生徒の観点を見る上で大いに参考になります。

導入前と導入後の変化

特に大きな変化は、課題の達成率です。

ClassPad.netで授業終わりに課題を配信することで、生徒が学んだ内容を復習したり、教師からの添削やアドバイスを受けたりしたうえで次の授業に臨めるため、生徒の課題の達成率がClassPad.netの導入前よりも上昇しました。
ClassPad.netを活用した授業風景

お気に入りの機能・使い方

課題を写真で撮影し複数繋げて送ることができる、という点を一番好ましく思っています。

ClassPad.netを使用した今後取り組みたい授業

今後は校外学習の際にも利用したいと考えています。

生徒が各自で校外で取材してきた内容をClassPad.netの機能を使って収集し、それを生徒自身が共有しながら発展できるような課題を作っていきたいと思っています。

生徒に聞いた、ClassPad.netの「良いところ」


美術の制作過程においてもClassPad.netで先生にアドバイスがいただけて、家でも直したり作業することができて、授業で遅れてしまった分を取り返せるので、すごく良いと思います。

ClassPad.netは、授業中分からない単語が出てきた時にすぐに調べられるので、いろいろな知識を頭に入れることができて、他の教科でも助かっています。


美術の授業では、自分の作品を先生に送り、アドバイスをいただいて制作に活かすことができています。

また、分からないところをすぐに調べることや、資料などを学校で写真で撮って家でそれを見ながら学習することができるので、すごく便利だと思います。

《教師、自治体、学校関係者の皆さまへ》


関連URL

常葉大学附属橘高等学校

「ClassPad.net」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス