1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「第6回 Minecraftカップ」作品応募受付を開始

2024年6月5日

「第6回 Minecraftカップ」作品応募受付を開始

Minecraftカップ運営委員会は3日、「第6回 Minecraftカップ」を開催することを発表した。

「Minecraftカップ」は、「ひとりひとりが可能性に挑戦できる場所」をコンセプトに、すべての子どもたちにプログラミング教育やデジタルなものづくり教育を届ける活動の一環として行う「教育版マインクラフト(Minecraft Education)」を使った作品コンテンスト。

2024年度は「まちづくり部門」と「たてもの部門」の2部門を開催。参加者は与えられたテーマを元に作品をつくり応募する。

6⽉3⽇から8月31日の期間で国内外から作品を募集し、予選、地区大会を経て、2025年2月16日の全国大会で最優秀賞をはじめとするその他、各賞が決定する。

同大会は、教育版マインクラフトを活用した、デジタルものづくりの甲子園のような存在として、高校生以下の子どもたちによるプログラミングを用いた作品づくりを盛り上げていくという。

開催概要

応募作品受付期間:6⽉3⽇(月)~8月31日(日)23:59
予選:9月4日(水)~9月11日(水)
地区大会:2024年10月~12月
全国大会:2025年2月16日(日)
部門:
①「まちづくり部門」
テーマは「未来のまちを共創しよう」 私たちが暮らす地球をもっと楽しく、幸せにする”まち”をチームで表現する
②「たてもの部門」
テーマは「未来の技術でパビリオンを創造しよう」。2025年に開催される大阪・関西万博とのコラボレーション企画。未来を豊かにする技術を使って、大阪・関西万博のパビリオンを考える

関連URL

「Minecraftカップ」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス