1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. Bunkamura×大阪芸術大、産学共創企画「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催

2024年6月13日

Bunkamura×大阪芸術大、産学共創企画「マンガデザインで北海道をメタバース」展を開催

大阪芸術大学は11日、東急文化村(Bunkamura)、NTT ArtTechnology、大日本印刷(DNP)と、産学共創企画として、北海道の魅力を発信する「マンガデザインで北海道をメタバース」展を6月13日~30日の間、「Bunkamuraメタバース」上で公開すると発表した。

Bunkamuraは、「創造」「発信」「交流」「育成」に焦点をあてて活動している。今回は「育成」の取り組みの一環で、大阪芸術大学と連携した。この産学共創企画にNTT ArtTechnologyとDNPが賛同し、次世代を担うクリエイターのための発信の場として、国内外の人々にひろく文化・芸術を楽める「Bunkamuraメタバース」上での展示を行うこととなった。

「Bunkamuraメタバース」の「Gallery」での『小樽芸術村デジタルアーカイブ 迫力の浮世絵展』の公開にあわせて、「小樽芸術村」がある北海道に関連し、大阪芸術大学のデザイン学科、キャラクター造形学科、美術学科、映像学科等の学生が北海道の魅力を「マンガデザイン」で表現した約170作品の中から、選抜された全22作品(デジタルポスター9作品、映像13作品)を同メタバース内の「Community Space」で閲覧できる。「マンガデザイン」の力で北海道へのツーリズムを誘うきっかけを創出する。

「マンガデザイン」とは、オリジナルグラフィックデザイン。グラフィックデザインの特徴であるクライアントニーズの明確化、メディアに応じたフレキシビリティ等にマンガの特徴である分かりやすさやストーリー訴求、空想の世界の描写が可能な点等を加え、2つの強みを最大限に活かし、創造した広告モデル。

開催概要

開催期間:6月13日(木)~30日(日)
開催会場:Bunkamura メタバース Community Space
料金:無料

「Bunkamuraメタバース」

関連URL

大阪芸術大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス