1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. SOZOW、北海道の小中学生に遠隔で「デジタル創造教育プログラム」を提供

2024年6月27日

SOZOW、北海道の小中学生に遠隔で「デジタル創造教育プログラム」を提供

SOZOWは26日、北海道上川町と提携して、地元の小中学生に遠隔で「デジタル創造教育プログラム」を提供すると発表した。

この取り組みは、2023年度に行われた取り組みの引き続きの実施で、今年度のプログラムでは、7月~9月にかけて行われる同社のオンラインライブの中で、子どもたちがマインクラフトを活用しながら地元の伝統行事「層雲峡温泉氷瀑まつり」の氷像デザインの考案に取り組む。

今年度のプログラムは、7月~9月にかけて全10回実施される予定で、子どもたちは町内の交流施設に集まり、都内のスタジオから生配信される同社のオンラインライブに参加。

2023年と同様にマインクラフトを活用して、様々な問いかけによって子どもたちの創造性を引き出し、共同作業を行いながら地元の伝統行事を盛り上げるアイデアを3D空間の中で表現していく。

子どもたちの独自のアイデアで作り出された作品は、層雲峡観光協会の協力のもと、2025年に開催される氷瀑まつりの会場で展示される氷像のデザインとして採用される予定。

プログラムの概要

実施期間:7月4日(木)〜9月19日(木)の間で全10日程
開催場所:「かみんぐホール」インターナショナルルーム[北海道上川郡上川町北町114番地1]
対象:上川町内に住む小中学生
定員:7人程度
参加費用:無料

詳細

関連URL

SOZOW

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス