1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どものスマホを検討する年齢は「中学1年生」が26.4%で最多=MMD研究所調べ=

2024年7月8日

子どものスマホを検討する年齢は「中学1年生」が26.4%で最多=MMD研究所調べ=

MMDLaboのMMD研究所は4日、高校生までの子どもを持つ親を対象に実施した「子どものスマートフォン利用に関する調査」の結果を発表した。


スマホをまだ持たせていない子どもにスマホを持たせることを検討している時期を聞いたところ、「中学1年生」が26.4%で最多、次いで「中学卒業後」が13%。「小学6年生」11.1%だった。


スマートフォンを持たせることを検討している親に、検討している通信サービスについて聞いたところ、「docomo」が27.2%と最多。次いで「Y!mobile」 14.0%、「楽天モバイル」13.8%だった。


その通信サービスを選んだ理由は(複数回答可)、「親が利用している通信サービスと同じにすることで オトクになるから」が35.1%と最多。次いてで「通信料金が安いから」21.5%、「ポイントが貯まるから」16.8%だった。


スマートフォンを持たせる際の懸念点は(複数回答可)、「ネット依存症/スマホ依存症」が50.9%と最も多く、次いで「いじめなどコミュニケーショントラブル」44.5%、「睡眠不足や生活リズムの乱れ」36.7%。


持たせることを検討している理由は(複数回答可)、「緊急時に連絡を取り合うため」が55.6%と最も多く、次いで「子どもの居場所を把握するため」32.8%、「子どもの友達同士のコミュニケーションのため」28.2%だった。

調査概要
調査期間:6月14日~6月18日
有効回答:6000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:高校生までの子どもを持つ親

調査結果詳細

関連URL

MMD研究所

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス