1. トップ
  2. ツール・教材
  3. インプレスR&D/40人の識者が寄稿「インターネット白書2015」を発刊

2015年2月6日

インプレスR&D/40人の識者が寄稿「インターネット白書2015」を発刊

インプレスR&Dは3日、新刊『インターネット白書2015(副題:デジタル社会が加速する)』(編者:インターネット白書編集委員会)を発刊した。価格は2800円(税別)。

『インターネット白書』は1996年に第1回目を発行し、今年で19回目を迎える業界定番の年鑑。昨年から、インターネット協会(IAjapan)、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、日本レジストリサービス(JPRS)の協力のもとリニューアルを図り、「The Internet for Everything」というキャッチフレーズを掲げて、より広範なインターネットの可能性をレポート。

今年は総勢40人の識者が寄稿した。

発行形態は、インプレスR&Dの次世代書籍出版メソッドNextPublishingを採用し、電子版とオンデマンド印刷版の両方で提供している。

書籍概要

編者:インターネット白書編集委員会
小売希望価格:電子書籍版 1800円(税別)/印刷書籍版 2800円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5判/モノクロ/本文314ページ

・目次
10大キーワードで読む2015年のインターネット
第1部 ネットビジネス動向
第2部 クラウド・データセンター事業者動向
第3部 通信事業者動向
第4部 インフラストラクチャー動向
第5部 製品・技術動向
第6部 社会動向
付録 インターネットの主な出来事2013.11→2014.10

問い合わせ先

インプレスR&D NextPublishingセンター
電話 03-6837-4820
np-info@impress.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21