1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 内田洋行/「学ぶ場」の構築 国産木材を活用した空間構築システムを開発

2015年6月4日

内田洋行/「学ぶ場」の構築 国産木材を活用した空間構築システムを開発

内田洋行は3日、国産木材活用の需要創造に向けて、「学ぶ場」の構築、「地域ネットワークづくり」を強化するとともに、各地域の国産木材を活用した空間構築システム「WOOD INFILL(ウッドインフィル)」の開発に着手し、今年9月に発売を開始すると発表した。


「WOOD INFILL」は国産木材を活用して空間を自在に構築する。教室のICT化、ラーニング・コモンズゾーン、図書室、多目的室や空き教室の活用、カウンセリングルーム等、教育現場の希望にあわせ、柱の本数や長さを変えることで、様々なタイプの木質化空間を柔軟に提供することが可能になるという。

関連URL

内田洋行

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録