1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 山陰合同銀行/発行額に応じて山陰両県の子どもたちにICT機器等を支援する私募債

2015年9月29日

山陰合同銀行/発行額に応じて山陰両県の子どもたちにICT機器等を支援する私募債

山陰合同銀行は、私募債の発行額に応じて、山陰両県の子どもたちの学びや成長に役立つICT機器をはじめ、スポーツ用品や楽器などを支援する「教育機関寄贈型」私募債の取り扱いを10月1日から開始する。

私募債は、一定の財務基準を満たす優良な企業が、その信用力を背景に発行するもの。発行企業は、長期固定金利の資金を調達できるだけでなく、財務の健全性やCSR活動の取り組みなどをアピールすることができる。

「教育機関寄贈型」私募債は、発行時に発行金額の0.2%以内の物品を、発行企業が指定する島根県、鳥取県の小中学校など教育機関に、山陰合同銀行と発行企業が連名で寄贈する。

例えば、私募債を1億円の発行した場合には、タブレット端末やパソコン、プロジェクターなど、20万円以内の寄贈を行う。

関連URL

山陰合同銀行

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録