1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. テクノホライゾン/業績予想を下方修正

2013年5月8日

テクノホライゾン/業績予想を下方修正

テクノホライゾン・ホールディングスは2日、2013年3月期の通期業績予想を修正した。

売上高は266億円(前回予想比19.4%減)、営業損失1億1000万円(-)、経常利益2億円(同50.0%減)、当期利益4000万円(同85.2%減)と下方修正した。

修正の理由は、書画カメラ販売の最大市場である米国(初等教育)市場が衰退化し、国内、欧州の需要は比較的堅調であったものの当期の売上落込みをカバーできなかったことなどによる。

また、新規市場向け商品であるモバイルプロジェクター「BOXi」・多目的フィールドカメラ「QBiC」は、仕様・性能向上を図ったため期初計画より導入が遅れ、本格的な量販を次年度まで繰り越した。

関連URL

http://www.technohorizon.co.jp/news/holding/20130502.pdf

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス