1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育用ロボットの市場規模、2027年に28億7280万ドルに到達=グローバルインフォメーションが予測=

2022年2月21日

教育用ロボットの市場規模、2027年に28億7280万ドルに到達=グローバルインフォメーションが予測=

グローバルインフォメーションは17日、「教育用ロボットの世界市場:用途別(高等教育、中等教育、初等教育、その他)、製品タイプ別(非ヒューマノイド、ヒューマノイド)、地域別見通し、産業分析レポートおよび予測(2021~2027年)」(KBV Research)と題する市場調査レポートを発売した。 ‎
‎ ‎

それによると、教育用ロボットの市場規模は、2027年に28億7280万ドルに到達すると予測されている。

‎教育用ロボットとは、移動型ロボット、多関節ロボット、自律走行車など様々なロボットを通じて、アプリケーション、分析、操作などを教えるという概念。これらのロボットは、学校での学習プロセスで人間を助けることができる。 ‎
‎ ‎
‎高度なコンピューティング能力と革新的なエンジニアリングで、教育用ロボットは音声、ジェスチャー、その他の特別なアプリで制御できるようになった。

創造的な問題解決能力の向上や、コミュニケーション能力・対人関係能力、複雑な技術革新の伝達・統合能力などを高めることができると期待されている。 ‎

デジタル化、機械学習、人工知能、その他の高度な技術を人々の日常生活や教育インフラに取り入れるという新たなトレンドが、同市場の成長を促す大きな要因の1つになっている。

教育用ロボットは、小学校、高校、大学、その他の教育機関で教育のプロセスを容易にし、生徒の学習をより複雑で興味深いものにする目的で、急速に需要が高まっている。 ‎

また、ヒューマノイドロボットは、同市場を進化させる力を持っている。ロボットのプログラミングをどのように他のヒューマノイドロボットに伝えるかについて多くの研究が行われている。

ヒューマノイドロボットにとってソフトウェアは不可欠なものと考えられており、研究者は独創的なソフトウェアソリューションを開発している。

例えば、MITのコンピュータサイエンスと人工知能研究所は、C-learnという機械学習技術を開発し、非コーディング技術者がロボットの動作や評価を訓練できるようにし、指示される対象に関する基本情報を提供した。 ‎
‎ ‎

関連URL

レポートの詳細目次

グローバルインフォメーション‎

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス