1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 国会図書館/電子書籍、電子雑誌などオンライン資料の収集を7月から開始

2013年7月5日

国会図書館/電子書籍、電子雑誌などオンライン資料の収集を7月から開始

国立国会図書館は7月1日から、改正国立国会図書館法に基づいて、民間(出版社、個人など)が出版(公開)したオンライン資料の収集を開始した。

オンライン資料とは、インターネット等で出版(公開)されている電子書籍、電子雑誌などのことを指す。

納入対象となるのは、無償で、さらにDRM(デジタル著作権管理)なしで、2013年7月以降に出版(公開)されたオンライン資料のうち、①または②いずれかに該当するもの。

① 資料に標準コード(ISBN、ISSN、DOIのいずれか)が付与されている
② ファイル形式が、PDF、EPUB、DAISYのいずれかであるもの

大学、研究機関などの機関リポジトリ(電子アーカイブス)で公開している資料は納入対象外となる。

納入されたオンライン資料は、国立国会図書館内で閲覧が可能。

関連URL

国立国会図書館法に基づく収集
納入等のご案内
オンライン資料収集制度広報チラシ

問い合わせ先

国立国会図書館関西館電子図書館課
online@ndl.go.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス