1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 武雄市教委/「iOS」か「Android」 か「Windows8」か 協議会答申を公表

2013年8月27日

武雄市教委/「iOS」か「Android」 か「Windows8」か 協議会答申を公表

武雄市教育委員会は22日、武雄市ICT教育推進協議会(座長:東洋大学 松原聡教授)から、武雄市長へ提出された「市内小中学校のタブレット整備に係る2次諮問に対しての中間答申」を公表した。

中間答申によれば、「機種選定」は、OS3 種(iOS,Android,Windows)について、メーカーからのヒアリングも踏まえ、現在、選定作業を進めている。
選定基準となるのは、「OS の使いやすさ」「セキュリティ」「デバイスの大きさ」「重さ」「使いやすさ」「教育用のアプリの多さ」「教材作成の容易さ」「価格」「維持管理費」など。

選定状況は、価格差が6倍以上、重さが、3 倍の開きがある中で、対象を小学校 1〜3 年生、小学校 4〜6 年生、中学生の 3 つに分けて、選定作業を進めている。

現段階では、小学校 1〜3 年生については、「iPad mini」か「Android」デバイス、小校 4〜6 年生については、「iPad mini」か「Android」デバイス、中学生については、「iPad mini」または「Android」 か「Windows8」デバイスが候補として挙がっている。

「iPad mini」 は、操作性や武雄市での先行導入 2 校の評価などから候補となり、「Android」 デバイスは、価格の安さなどから候補となっている。

「SurfacePro」 他の 「Windows8」 デバイスについては、教員の教材作成の容易さや、佐賀県内の公立高校での導入方針などから、中学生向けのデバイスの候補として挙がっている。

機種選定、デバイス導入、デバイス導入後における体制については、デバイスを使う授業の支援、どのようなアプリケーションソフトを使うか、電子黒板との接続、デバイスの管理などさまざまな支援業務が必要となることを考え、教育委員会内に、武雄市ICT教育推進協議会と連携しながら、ICT教育を推進するための専門的な人員の配置を提案している。

問い合わせ先

武雄市教育委員会 学校教育課
電 話:0954-23-8010
gakkou@city.takeo.lg.jp

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス