1. トップ
  2. データ・資料
  3. MM総研/タブレット端末出荷台数 AndroidがiOSにシェア3.4ポイント差に迫る

2013年11月8日

MM総研/タブレット端末出荷台数 AndroidがiOSにシェア3.4ポイント差に迫る

MM総研は7日、2013年度上期(2013年4月~2013年9月)の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。

それによると、2013年度上期のタブレット端末出荷台数は、2012年度上期比77.2%増の342万台となったが、2012年度下期(375万台)と比較すると8.8%減と落ち込んだ。

メーカー別出荷台数・シェア

メーカー別出荷台数・シェアは、Apple(157.9万台/シェア46.2%)が1位。日本でタブレット端末が登場した2010年度上期からの連続シェア1位を7半期に伸ばした。2位はGoogleとの共同開発による「Nexus 7」や自社ブランド端末も発売しているASUS(56万台/16.4%)。以下、3位 ソニー(8.6%)、4位 富士通(4.4%)、5位 シャープ(4.1%)の順となった。

OS別のシェアでは、iOS(シェア46.2%)が1位、2位がAndroid(42.8%)となり、iOSとの差が3.4ポイントに迫った。次いでWindows(11.1%)(*1)の順。

また、2013年度下期のタブレット出荷台数は、418万台(前年同期比11.5%増)になると予想。2013年度通期では760万台(前年度比33.8%増)になるとした。2014年度以降は、2014年度に880万台、2015年度に970万台、2016年度に1020万台と、徐々に増加していくと予測している。

(*1)MM総研ではWindowsタブレット端末はWindows RTとWindows 8以降のバージョンを搭載したスレート型パソコンと定義しており、Microsoft社「Surface」やPCメーカーによる該当製品が含まれる(2013年11月現在)。

問い合わせ先

MM総研

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス