1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. IBM/今後5年で生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを提供できるツールが登場

2013年12月20日

IBM/今後5年で生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを提供できるツールが登場

IBMは18日、今後5年間で人々の働き方、生活、関わり方を変える可能性を持った5つのイノベーションを発表した。

将来、全生徒について学習するためのツールが教師に与えられ、幼稚園から高校、就職まで、一人ひとりに合ったカリキュラムを提供できるようになると予測。

今後5年間で、適性検査だけでなく、テストの点数、出席状況、eラーニング・プラットフォーム上での生徒のふるまいといった時系列データを分析し、各生徒について理解を深められるようになるという。

IBMはすでに取り組みを始めており、米グィネット郡公立学校でビッグデータ・アナリティクスとeラーニング・テクノロジーを生徒の記録の分析に活用している。同学区の17万人の生徒一人ひとりの成績を改善し、最終的には同学区の卒業率向上を目指す。

関連URL

IBM

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録