1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「AEON eラーニング」が英語学習を“見える化”する機能を追加

2017年3月2日

「AEON eラーニング」が英語学習を“見える化”する機能を追加

イーオンは1日、英語学習のeラーニングサイト「AEON eラーニング」に、「学習履歴」と「ポイント数」の新機能を追加したと発表した。

「AEON eラーニング」は、音声採点機能付きの場面別英会話をはじめ、イーオン外国人教師による動画配信、英単語や文法にまつわるクイズなど、多彩なコンテンツでオンライン学習を支援するeラーニングサイト。

今回、同サイトのマイページに新たに「学習履歴」と「ポイント数」の2種類の機能を追加した。

「学習履歴」では、サイト上での総合学習時間が記録できるほか、各コンテンツ内で出題される問題の正解率が記録できるようになる。それらの数値がグラフで“見える化”され、ユーザーは自分の英語力と学習到達度を把握でき、足りない要素を補強するなど今後の学習方針に役立てることができる。

また、ログイン数や学習時間、正解率などを総合的に算出し「ポイント」が付与される仕組みを導入。学習のポイントが加算されることで、ユーザーのモチベーション向上につなげたいという。

イーオンでは今後、「AEON eラーニング」のさらなる拡充をはかるため、通常コンテンツの他に特別コンテンツを配信予定。短期集中型の試験対策講座や、キッズ限定で「アクティブ・ラーニング」の内容を盛り込んだ自立型学習コンテンツなど随時拡充してく予定という。

関連URL

AEON eラーニング

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス