1. トップ
  2. ツール・教材
  3. イオレ/大学生のグループとりまとめサービス1位は「LINE」

2014年3月14日

イオレ/大学生のグループとりまとめサービス1位は「LINE」

イオレは13日、メーリングリストサービス「らくらく連絡網」のスマートフォンアプリ版の提供を開始した。

また、提供に先立って実施した、大学生・大学院生の「コミュニケーションサービスの使用とグループ活動」に関するアンケート調査の結果を公開した。

アンケートはインターネットを使って行い、期間は2月28日から3月7日まで。
有効回答は、10~20代の大学生を中心とした男女322名。

使用している主なコミュニケーションサービスに関する質問では、1位が「LINE」(97.8%)、2位が「Twitter」(79.5%)、3位が「メール」(74.8%)となった。

10人以上のグループをとりまとめた経験のある人に、グループをとりまとめるコミュニケーションサービスについて質問すると、1位と2位は変わらず、「LINE」(82.4%)、「メール」(34.2%)で、3位に「らくらく連絡網」(30.5%)が入った。

グループ活動で重要だと思うことについて尋ねたところ、1位「自分の趣味嗜好に合っている事」(53.4%)、2位「仲間が増える事」(53.1%)、3位「リアルに(オンラインではなく)交流する場が多いこと」(49.7%)と続いた。

グループ活動のリーダーになってほしいと思う有名人については、1位は「櫻井翔」、2位は「中居正広」、3位は「有吉弘行」という結果になった。

「らくらく連絡網」は、連絡メールの一斉送信や、出欠の登録、日程調整などが行える無料のメーリングリストサービス。アプリ版は、iOS、Androidの両OSに対応している。

関連URL

イオレ

らくらく連絡網

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス