1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. サムスン電子ほか/アプリ開発人材を育成するプログラム

2014年3月18日

サムスン電子ほか/アプリ開発人材を育成するプログラム

サムスン電子ジャパンは17日、サムスン電子がグローバルで展開する社会貢献活動の一環として、日本で若者のアプリ開発人材を育成するプログラム「Tech Institute」を開始すると発表した。

このプログラムは、サムスン電子ジャパンと早稲田大学エクステンション(EX)センター、角川アスキー総合研究所が連携して実施するもの。

Tech Instituteアプリ開発者養成講座

まず、「Tech Instituteアプリ開発者養成講座」を、早稲田大学EXセンター中野校で7月から開講する。

サムスン電子の寄付をもとに、早稲田大学EXセンターが監修し、角川アスキー総研がカリキュラム・教材の開発を行い、現役開発者による講師陣ネットワークで協力し、運営する。

Android用アプリの入門から応用までの内容で、夜間(19時~21時)の授業を予定。

また、サムスン電子ジャパンと角川アスキー総研では、業界のスペシャリストたちをゲストスピーカーに迎え、アプリの最新トレンドやビジネスノウハウ習得、アプリ業界人脈構築などの起業・就労支援を目的としたオープンセミナー「ビジネス実践講座」を開催する。

早稲田大学EXセンターは、年間約1500講座に対し、3万人超の受講生をかかえる早稲田大学の生涯学習機関。

「Tech Instituteアプリ開発者養成講座」概要

対 象:16歳以上
受講料:無料(16歳~20歳)/7万円(21歳以上、詳細条件は「募集要項」参照のこと)
定 員:50名(書類審査・面接のうえ選抜)
授業回数・時間:65回・130時間(6ヶ月間)
募集開始:2014年3月17日

「ビジネス実践講座」概要

対 象:アプリ開発者養成講座の受講生/一般参加あり
授業回数・時間:6回・12時間(6ヶ月間)

関連URL

Tech Instittute(カリキュラム等、講座詳細)
「募集要項」「応募資料」ダウンロード

問い合わせ先

サムスン電子ジャパン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス