1. トップ
  2. 教育事例
  3. 大阪市教育センター/ICT活用事業の「中間報告」

2014年9月24日

大阪市教育センター/ICT活用事業の「中間報告」

大阪市教育センターは18日、学校教育ICT活用事業の「中間報告」 をWebに公開した。

設問「友だちと一緒に考えたり、考えをまとめあったりしている」

大阪市では、2013年度と2014年度の2年間にわたり学校教育へのICT活用の研究を進めており、今回の発表内容は1年目の調査研究結果とその考察を報告するもの。

2014年3月調査で、「友だちと一緒に考えたり、考えをまとめあったりしている」という設問に対し、肯定的な回答を行った児童生徒の割合で、2013年7月の調査より高い結果となったのは8校中6校。

また、「友だちの意見や発表をしっかり聞いている」という設問では、8校中4校で、2013年7月の調査に比べて高い結果となった。

そのほか「校種の違いによる教育的効果」「整備環境(タブレット端末)の違いによる教育的効果」などについても結果を紹介している。

「大阪市学校教育ICT活用事業」では、2012年度に小学校4校、中学校2校と1校の施設一体型小中一貫校(2014年度に施設一体型小中一貫校を追加)をモデル校に指定し、タブレット端末、電子黒板機能付きプロジェクター(小学校3年生以上の各学級教室に配備)、校内無線LAN等のICT環境を整備するなど、ICT活用事業を推進している。

今回の調査結果を、今後の事業の推進に反映し、子どもたちを主役にした最適な環境での新しい学びの実現に生かしていきたいとしている。

関連URL

学校教育におけるICT環境に求められる要件 -大阪市学校教育ICT活用事業「中間報告」(pdf)
大阪市スタンダードモデル(タブレット端末に求められる要件)(pdf)
教育用タブレット選定のために考えるべきこと(pdf)
学校教育におけるICT環境に求められる要件 -大阪市学校教育ICT活用事業の中間報告への考察(pdf)

問い合わせ先

大阪市教育センター
電 話:06-6572-0822

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス