1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 近大物理工学部/CALL教室に「協働テーブル」の導入で意見交換を深化

2015年4月10日

近大物理工学部/CALL教室に「協働テーブル」の導入で意見交換を深化

近畿大学生物理工学部は9日、「アクティブラーニング」に対応したCALL(Computer Assisted Language Learning)教室に「協働テーブル」を導入したと発表した。

今回導入した協働テーブルは、複数の学生が同時に使用できるタッチパネル機能を搭載している。

グループ活動の成果をクラスで共有するだけではなく、教員や他の学生のコメントを即時に表示することも可能。

また、教員と学生、そして学生同士が意思疎通できるシステムや電子黒板などを備えた学習環境により、学生の思考や主体性を活性化。深化した意見交換を促しているという。

CALL教室は、語学を学ぶためにコンピューターを設置した教室。

関連URL

近畿大学生物理工学部

近畿大学

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス