1. トップ
  2. データ・資料
  3. オプト・ジャパン/私立中高専用ネット出願サービス、約6割がクレジットカード決済

2015年4月22日

オプト・ジャパン/私立中高専用ネット出願サービス、約6割がクレジットカード決済

オプト・ジャパンは、昨年11月から私立中学・高等学校専用『ASP型インターネット出願(ネット出願)サービス(*1)』を本格展開。2015年度入試で導入した東京・神奈川・千葉の私立中高10校の利用結果をまとめ、21日発表した。

それによると、利用者の約6割がクレジットカードで受験料を支払っていたほか、スマートフォンなど携帯端末からの出願も多いことがわかった。また、中学入試・高校入試によって、異なる傾向がみられたとしている。


受験料の支払い方法(「クレジットカード」「コンビニ」「ペイジー」の3種類)を、中学入試・高校入試を合わせた全体の割合でみると、「クレジットカード」が59%、「コンビニ」が37%、「ペイジ―」が2%となり、クレジットカードの割合が最も高いことがわかった。

クレジットカード支払いについて、中学・高校別で比べてみると、中学は69%、高校は45%となり、20%以上もの差があった。
また高校の場合、「コンビニ」が48%となり、わずかながら「クレジットカード」を上回る結果となった。これは、クレジットカードを持たない受験生自身が、コンビニで支払い手続きをしていることが考えられるという。

ネット出願を行ったツール(パソコン、スマートフォン、タブレット)は全体で、「パソコン」が67%、「スマートフォン」が28%、「タブレット」が5%となった。「パソコン」の利用比率が1番であるものの、「スマートフォン」「タブレット」といった携帯端末で出願する人も全体の3割を超えることがわかった。

*1:『ASP型インターネット出願(ネット出願)サービス』とは、これまで主に大学向けに提供してきた『ネット出願サービス』をベースに、私立中学・高等学校のニーズを反映させたシステムを開発。「学校・入試説明会Web予約システム(2015年4月より提供開始予定)」、「ネット出願」、「受験料のコンビニ・クレジットカード支払システム」をワンパッケージして提供する私立中高専用のサービス。

関連URL

オプト・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス