1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 古河市とドコモ/市立小・中学校32校にLTE対応iPad1421台導入を決定

2015年5月25日

古河市とドコモ/市立小・中学校32校にLTE対応iPad1421台導入を決定

茨城県古河市とNTTドコモ(ドコモ)は20日、今年9月1日から、古河市立の小・中学校32校を対象に、通信モジュール搭載モデル学習用タブレット(LTE対応iPad)1421台を導入し、学校内だけでなく、校外や自宅においても学習しやすい環境を構築し、児童・生徒 一人ひとりに最適な教育を行うことで学力向上をめざすと発表した。

これまで古河市では、一部の小学校において学校内Wi-Fi対応の学習用タブレットを使って、学校内で電子黒板との連携などによる授業が行われていたが、LTE対応iPadトを使うことで、児童は電子教材を課外授業で利用したり、自宅に持ち帰ることなどによる能動的な学習が可能となる。

さらに、タブレット端末を使って児童同士の意見交換が活性化し、新たな発見や気づきを生み出すことが可能となる。

古河市では、重点整備校として古河第五小学校、上大野小学校、大和田小学校の3校については児童1人1台、その他の小学校20校については1クラス分にあたる各校40台を導入する。加えて、教育ICTに先導的な役割を担う小・中学校教員1人につき10台のLTE対応iPadを導入する。

今後のさらなる教育ICTの発展を目的とした共同研究として、古河市とドコモは、古河第一小学校5、6年生を対象に、電子教材を搭載したクラウド型教育プラットフォームと連携した1人1台のLTE対応iPadによる個々人に合わせた学力向上効果と教育ICT環境整備のあるべき姿を今後検討し行くとしている。

また、小・中学校教員を対象に、ICTを活用した教育スキルの向上をめざし、オンライン学習サービス「gacco(ガッコ)」の仕組みを利用した教員向けオンライン学習サービスによる効果検証に関する共同研究の検討を進める。

関連URL

NTTドコモ

古河市

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス