1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オプティム/「京都ICT教育モデル構築実証研究プロジェクト」に参画

2015年6月23日

オプティム/「京都ICT教育モデル構築実証研究プロジェクト」に参画

オプティムは22日、1人1台のタブレット端末を使い、持ち帰り学習の教育モデルの構築を目指す「京都ICT教育モデル構築実証研究プロジェクト」に参画し、MDM「Optimal Biz」を提供すると発表した。

システムの導入図

プロジェクトは、京都大学学術情報メディアセンターと京都市教育委員会が中心となり、日本マイクロソフト、NECなどの企業が参画。

1人1台のタブレット端末を活かした持ち帰り学習を実施。学校と自宅での生徒の日々の学習の変化を捉えて分析し、持ち帰り学習でのICT教育モデルを構築する。

生徒の学習状況やタブレット端末の利用状況などのログデータを収集し、データをサーバーに保管することで教育ビッグデータを収集する。

オプティムは、生徒用タブレットPC用にMDM「Optimal Biz」を提供し、タブレットPCの活動状況や活動内容などの情報を「Optimal Biz」サーバーへ蓄積。蓄積された情報は教育ビッグデータとして、実証研究の分析に利用する。

関連URL

京都大学「京都ICT教育モデル構築プロジェクト」についてのお知らせ

オプティム、「Optimal Biz」製品ページ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス