1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 慶應大/英MOOCs配信事業体のFutureLearnと配信協定

2015年7月31日

慶應大/英MOOCs配信事業体のFutureLearnと配信協定

慶應義塾大学は30日、英国のMOOCs(Massive Open Online Courses)配信事業体であるFutureLearnと配信協定(Course Distribution Agreement)を締結し、正式に参加機関となったと発表した。日本からのFutureLearnへの参加は、慶應義塾大学が初めて。

慶應義塾大学は、アジアで唯一グーテンベルク42行聖書を所蔵し、インキュナブラ(初期活字本)や和漢書の研究や保管などにおいて高い評価を受けており、FutureLearnが大英博物館や大英図書館などと連携したコンテンツを制作し配信できること、ヨーロッパ諸大学との研究協力関係をさらに強化できることなどにより、数あるMOOCs事業体の中から協定先として選定したという。

FutureLearnは、英国の通信教育で実績のあるOpen Universityが、23のトップ大学やブリティッシュ・カウンシル、大英博物館、大英図書館と連携して2013年に配信を開始したオンライン教育配信事業体。現在の参加機関は慶應義塾大学を含めて69機関、登録者数は約190万人にのぼる。

関連URL

FutureLearn公式サイト
公式サイト内の慶應義塾大学紹介ページ

問い合わせ先

慶應義塾大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • gradescope 「学習評価について知っておくべきこと」 今、求められる学習評価とは? 無料eBookダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス