1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 電通/「アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所」設立

2015年10月16日

電通/「アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所」設立

電通は15日、電通総研内に「アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所」を立ち上げた。

0398383_01

研究所ロゴ

電通は、コミュニケーション領域でのプランニングメソッドや社内クリエーティブスタッフ養成研修、「広告小学校」などの社会貢献活動で培ってきたノウハウを活用し、アクティブラーニングに応用できる方法論を体系化した。

同研究所では、元気プログラム作成委員会と連携し、この方法論をもとに、教育機関向けにアクティブラーニングの実践課題の提供、ワークショップの実施、コンサルテーションを提供。さらに、官公庁・自治体や実業界にもフィードバックする。

2016年度には、教育専門大学との連携、小中高3校の研究校で研究授業を推進していく予定となっている。

関連URL

電通

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス