1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DNPが慶應大と臨場感ある遠隔授業に関する共同研究

2016年3月15日

DNPが慶應大と臨場感ある遠隔授業に関する共同研究

大日本印刷(DNP)は15日、慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボと遠隔授業に関する共同研究を行うことで合意したと発表した。

SFC研究協力高校での実証風景 イメージ

SFC研究協力高校での実証風景 イメージ

今回開発するシステムは、タブレットやデジタルペンなど、生徒用のICTデバイスとインターネットを活用し、手書きや音声、テキストなどの手段で生徒、遠隔地の教員、教室の教員の三者間のコミュニケーションをリアルタイムに行うことで、机間巡視に近い臨場感を提供するというもの。

慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボは、これまで全国各地の高等学校や自治体における遠隔授業システム構築の監修してきた。その中で、現在の遠隔授業で課題となっている「机間巡視」の機能提供が、今後の普及拡大には重要であると判断。タブレットや紙などの様々なデバイスを使って、生徒の学習プロセスデータを取得・管理する技術を持つDNPとの提携による共同研究に至った。

DNPは共同研究成果を基に、一斉学習などの授業で個々の生徒と遠隔地の教員とのリアルタイムなコミュニケーションを実現し、双方の満足度向上を可能にするシステムを開発し、教育事業者に提供するとしている。

2015年4月に高校で遠隔授業が合法化されたことを受け、全国の高校で遠隔授業の取り組みが進んでいる。しかし、遠隔授業では、机間巡視による授業内での学生への個別指導が難しいため、遠隔授業に関心がありながら実施しにくいという状況があった。今回の共同研究はこうした課題を解決するための取り組み。

関連URL

大日本印刷

問い合わせ先

大日本印刷

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス