1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. サカワがウルトラワイド超短焦点プロジェクタ「ワイード」を6月発売

2016年5月17日

サカワがウルトラワイド超短焦点プロジェクタ「ワイード」を6月発売

サカワは16日、ウルトラワイド超短焦点プロジェクタ「ワイード」を、6月中旬から発売すると発表した。製品はダイワボウ情報システムなどから提供予定で、価格はオープン(市場想定価格は45万円前後)。

sakawa

「ワイード」は、学校の教室にある一般的な黒板(W3600mm)にほぼいっぱいの映像を投影できる。約120~140インチに投影可能で、アスペクト比16:6のウルトラワイド(16:6)だけでなく、一般的なプロジェクタの投影サイズ(16:9, 4:3)にも対応している。

また、プロジェクタを黒板の中央に設置するだけで、投影画面(80インチ程度)を左・中央・右へとスライドできる、「デジタルスライド機能」付。スライド操作はリモコンのボタンをひとつで簡単に切り替え可能。プロジェクタをスライドさせる為に、大きな装置を取付ける必要がない。

接続したPC からの投影画面を電子ペンでタッチすることができ、デジタル教科書とブラウザなどを写しだしたコンテンツを2つ並べて、操作することも可能となっている。

□製品プロモーション動画

関連URL

製品紹介サイト

サカワ

明星中学校・高等学校 ICT教育研究会 with Classi in Meisei 3.28 12:00 - 18:00 お申込みは3月20日まで
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 双方向授業で授業が変わる!学生が伸びる! クリッカーシステム FLOW(フロー) CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録