1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「宇宙エレベーターロボット競技会」関西大会10月、全国大会11月開催

2016年5月31日

「宇宙エレベーターロボット競技会」関西大会10月、全国大会11月開催

宇宙エレベーターロボット競技会委員会は、「第4回宇宙エレベーターロボット競技会」の関西大会を10月16日に同志社中学校で、全国大会を11月20日に日本科学未来館で開催する。

宇宙エレベーターは、地球から約3万6000kmの上空にある静止衛星まで人や物を運ぶ夢の乗り物。SF作家であるアーサー・C・クラークの小説「楽園の泉」の中でこの概念が登場した。

「宇宙エレベーターロボット競技会」では、プログラミングロボット教材のマインドストームを使って宇宙エレベーターロボットを製作し、昇降を行う。

参加資格は、小中高校生のいずれか2名以上からなるチーム。参加費として1人1000円が必要となる。

関連URL

第4回宇宙エレベーターロボット競技会

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス